▼ 検索・SNSで共有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品を出力しよう

デジタル初心者の皆さまこんにちはー!
今回はクリスタでできる出力形式をご紹介します。

出力って何よ…?

そう、わかりますそのキモチ。

最近では印刷することも出力と言ったりもしますものね。
うんうん、今回は出力と言っても、保存形式についてのお話をいたしましょう。

クリスタでできる保存形式

それでは、クリスタでできる保存形式と拡張子をご紹介。

拡張子とは…?

ファイル形式を識別するためにつけられる末尾の文字列のこと。

CLIP STUDIO PAINT(.lip)

クリップスタジオ特有の形式です。編集中のファイルはコレで保存しましょう!

※【EX】では.cmcという特殊なファイルでページ管理ファイルが作成されます。
cmcに関連付けられている.lipファイルはタイトルや保存場所を編集しないようにしましょう。

JPEG(.jpg)

写真などに適している形式。背景の透過はできません。

PNG(.png)

Web向けの形式。背景を透過できます。
CMYKでの保存ができないので注意です。

GIF(.gif)

背景の透過ができます。表現する色数が少ないと、画質が荒くなることに注意。
よく見かけるGIFアニメーションなどもこの形式です。アイコンやドット絵等に適しています。

TIFF(.tif)

Webでは使えないようです。解像度の高さが必要なときに使われる形式。
スキャンしたデータがこの形式で保存されることがある。

Photoshopドキュメント(.psd)

Photoshopの形式です。併用して使われる人には便利かも知れない。
同人誌などの印刷所でも入稿形式がPSDのところが多かったりするので変換して使うこともあるかもしれませんが、
クリスタを使用して作成した場合の印刷所の規定に従ってください。

クリスタのデータをPhotoshop形式で保存するとどうなるの?

こんにちは!そろそろ梅雨の季節です。 雨降りジメジメ…憂鬱な気分になってしまうこともあるかもしれません。 ぴち・・・

Photoshopビッグドキュメント(.psb)

Photoshopビッグドキュメント。大きなPhotoshopデータを使用する場合はコレになります。

PDF(.pdf)

複数ファイルを纏めたり、圧縮することに使用されていますが、クリスタで使うにはプラグインが必要な様子。

TARGA[(Truevision Graphics Adapter](.tag)

32bitフルカラー形式です。

ビットマップ(.bmp)

ピクセルで表現された形式ですが、Windowsのデスクトップアイコンなどに使用されているようです。

書き出しをしよう!

別名保存でも、保存形式は変更できますが、詳細を設定して保存しようということで書き出しをします。
書き出しは基本的には画像が統合されて吐き出されます。

書き出し

保存形式を選択するとウィンドウが出ます。
今回はJPEGを選びました。JPEGのみ品質という項目が表示されますが、この数値が高いほど画質が良いそう。

save-window

出力イメージの項目では、描画レイヤー以外で表示させたいもの、させなくていいものを選ぶことができます。

Web画像として使うならば、最低限「テキスト」と「ノンブル」にチェックが入っていれば良いかもしれません。
投稿用や印刷所さんを利用する場合などは「トンボ」も必要になってきます。
作品情報は何かで提出する際にあると便利ですね。

output-range

出力する範囲を選びます。

表示されている全てを対象にするならば、「ページ全体」。塗りたし線までならば、「トンボの裁ち落としまで」、裁断された状態としてなら「トンボの内側まで」を選択します。

color

次に書きだし後の表現色を選びます。

png-color

PNGはCMYKでは表現できません。カラー印刷を考えているものならば、CMYKで表現できる形式を選びましょう。

Web漫画として使うならば、PNGで大丈夫です。

color-set

色の詳細設定では、トンボや枠の設定とトーンの出力設定が行えます。

「出力倍率に依存する」を選択すると、サイズに応じてトーンの線数が変わるようです。

preview

全て設定できたら、「OK」を押してください。
プレビューにチェックを入れておくとプレビュー画面では劣化して見えるのですが、100%で見た時に問題が無ければOKです。

output

一括書き出し

クリップスタジオは漫画の特化版。

EXならばページを一括で書き出しだって出来てしまうんです。

bulk

表紙、本文、さらに見開きでの設定まで。いちいち一枚ずつやる手間が省ける…感動。

しかしながら、一括での動作はちょっと重かったりもするので状況に応じて使用するのが良いかもしれません。
一括処理についてはまた後日詳しくご紹介したいと思います。

★追記「一括処理」機能はコチラ

ページ数が多くても大丈夫!クリスタ『一括処理』機能

どうもこんにちは。曽田 照夫です。 漫画を描くのは楽しいけれど、あれれ?気がつけばいつの間にか締め切り間近・・・・・

★補足
【PRO】をお持ちの方は差額分のみで【EX】にアップグレードできます!



指定の形式で保存する

designation-save

指定の形式は、クリップスタジオで保存するかPhotoshop形式で保存するかが選べます。

編集したい作品においてはCLIPで。
クリップスタジオで保存するときに最適化を選ぶと不要なレイヤーの履歴などがクリーンされて少し容量が軽くなります。

提出形式である、もしくはPhotoshopと併用して編集する場合はPhotoshop形式で保存しましょう。

※しかしながらクリップスタジオだからこその機能はPhotoshopには互換がありません。トーンやテキストはラスターレイヤーに変更されてしまいます。

Interchangeable

うーん、難しいですね。
私も解像度とファイルサイズの設定でいつも悩んでいたりします。
お、重い…

印刷物の場合はカラー350、モノクロ600という指定がありますが、Web用画像として使用するならばなるべく軽くて綺麗な画像にしたいですもんね。
Webだと縮小時に72にするのがよく使われている解像度みたいです。

デジタルにどんどん慣れていきましょう!
日々日々精進!あ、でも画面の見過ぎで視力低下にはお気をつけ下さいね!

こちらもオススメ

51

レイヤーの合成モードまとめ

どうもこんにちは(^o^)お絵かきソフトには大概ついてるレイヤーですが、CLIPSTUDIOのレイヤーの合成モ・・・

モアレ

モアレを防ごう!

クリスタ初心者の皆さまこんにちは。 楽しい色塗りはいかがでしょうか? えっと、何々? トーンを重ねるとチカチカ・・・

クリスタで「ペンの設定」をカスタマイズしよう!【序章】

こんにちは、チーターです。 今回は「クリスタってアナログみたいな線が描けるっていうけど、初期設定のペンだとどう・・・

フキダシと、フキダシしっぽ

こんにちは咲花りんです♡今回は、フキダシの作成、編集、しっぽの作り方を説明します! フキダシの描画 テキストツ・・・

160421colortone

レイヤープロパティでカラートーンにしてみよう!

どうもこんにちは(^o^) 今回は、トーンをカラーで塗る方法(アナログで言えばカラートーンですね)を紹介します・・・

コメントを残す

コメント

▲ このページの先頭へ