▼ 検索・SNSで共有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

線幅を変える!線補正・修正ツール

どうもどうも~今日はひな祭りですね!
ひな祭りといえば幼少期、母親に「帰ったらおいしい甘酒飲みましょうね!」
って言われてその日一日はじめて飲む甘酒のこと考えてウッキウキ過ごして
いざ帰ってきて飲んだらくっっっっそ変な味しててついでにお腹壊したことを
思い出します\(^o^)/楽しいね!
※ちなみに甘酒風味ジュースでした。ほんものの甘酒はオイシィです。

与太話はそこそこに、クリスタノウハウ記事いきましょ~~~~~

今回は、2パターンの線幅変更方法(フィルターとツール)をご紹介します。

線幅補正フィルターで変える

ラスターレイヤーに描かれた線画があるとします。
(ラスターレイヤーについての説明はこちらから)

1

[フィルター]ー[線画補正]
線画補正フィルター

調整ウィンドウが出てくるのでいじります

線幅を太くする場合
2

線幅を細くする場合
3

うまく出来ましたでしょうか?

線幅補正ツールで変える

お次は、ツールから補正していきましょ~
フィルターよりも細かく設定できます。

線画がベクターレイヤーであることを前提とします。
もしラスターレイヤーの場合は、変換して下さい↓

4

5

ベクターレイヤーに出来たら、このアイコンのツールを選びます。
6

[ウィンドウ]ー[サブツール]でサブツールウィンドウを出します。

上から順に説明していきます。まずは制御点ツール。
7

線画の上にカーソルを持って行くと緑のつぶつぶが発生!
これが制御点です。
8

制御点をつまみ、移動させると線画変化します。
9
10

次は、ベクター線つまみ!
11

円形のカーソルを修正したい箇所へ持って行き・・・
12

ひっぱる
13

お次は、ベクター線単純化!

14

単純化したいところを一筆で塗るかんじで色付けます
15

離すと、整形完了!
16

次は、ベクター線つなぎ!
17

同様にぬりぬり・・・
18

ぱっ
19

次は線幅補正!
21

[ウィンドウ]ー[ブラシサイズ[線幅補正]]でサイズ選択して、カーソルの大きさを変えれます。
23

同じ要領でぬりぬり
26

変わりました
27

次は、ベクター線描き直し
30

カーソルをもっていって
31

ひっぱる
32

33
ドヤ顔になりました

そして次がベクター線幅描き直し
34

[ウィンドウ]ー[ブラシサイズ[線幅補正]]で太さを選べます。
35

カーソルでなぞる・・・
36
37

38

39

いかがでしたでしょうか\(^o^)/
描いたあとにちょいちょいと直せるのは便利ですね!!
ぜひ有効活用して下さい★

こちらもオススメ

151105thumbnail

クリスタで初期装備されている同人誌印刷用テンプレート紹介【EX】

読者のあなたにこんにちはー! クリップスタジオの事も少しずつわかってきたような~そんな日々を送っていきながら、・・・

【追記】クリスタを使うなら、最低限揃えておきたい環境(Windows/Mac)

【2017.06.15 内容を追記・更新しました。】 こんにちは! 今回は、CLIPSTUDIOを使用する時に・・・

輝度を透明度に変換

カラーをグレーにすると暗くなってしまう方へ、輝度のはなし。

どうも~みなさんこんにちは!!(`・ω・´)ゞ この間まで寒かったのに今日は暑いくらい!夏が近づけば太陽の輝き・・・

ベクター消しゴム(交差点)で不要な線を消して完成!

シャキーン★クリスタで定規機能を使おう!

クリスタユーザーの皆様、こんにちはー! チーターです。 今回は定規ツールについてご紹介していきたいと思います。・・・

save-window

作品を出力しよう

デジタル初心者の皆さまこんにちはー! 今回はクリスタでできる出力形式をご紹介します。 出力って何よ…? そう、・・・

コメントを残す

コメント

▲ このページの先頭へ