▼ 検索・SNSで共有
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CLIPSTUDIOでLINEスタンプを簡単に作ろう!

ここでは、CLIPSTUDIOで効率的にLINEスタンプ画像を作成する方法を紹介します。(^^)/

LINEスタンプ画像のルール

はじめに、LINEスタンプのルールを説明します。ラインスタンプは、大きく分けて三種類(三個ではありません)の画像を用意する必要があります。

画像の種類

①メイン画像 → 1個
②スタンプ画像(選択式) → 8個/16個/24個/32個/40個(選択します)
③トークルームタブ画像 → 1個

画像のサイズ

①メイン画像 → W 240 × H 240(単位:ピクセル)
②スタンプ画像(選択式) → W 370 × H 320 (単位:ピクセル)
③トークルームタブ画像 → W 96 × H 74(単位:ピクセル)

その他いろいろと規定があります。

  • スタンプ編集画面でスタンプの個数を選択できます。審査のリクエスト前まで個数の変更は可能です。
  • フォーマットはすべてPNG形式です。
  • スタンプ画像のサイズは、自動で縮小するために偶数のサイズにしてください。
  • 解像度は72dpi以上、カラーモードはRGBを推奨します。
  • 画像は1個 1MB以下で作成してください。
  • すべての画像を1つのZIPファイル形式でアップロードする場合、ZIPファイルは20MB以下で作成してください。
  • イラストなどの背景は透過でお願いします。

引用元:ガイドライン – LINE Creators Market

CLIPSTUDIOでスタンプ画像を作ってみよう!

メイン画像とトークルームタブ画像は各位置枚ずつなので今回は省きます。ここでは、クリスタの特性である複数キャンバスでの画像管理を利用して、効率よく画像を作成できるように設定する方法をお伝えいたします。

①新規作成

W 370 × H 320 (単位:ピクセル)で作成します。
描きたい個数に応じてページ数を操作してください。
1

クリスタは、まんがを作るためのツールなので、複数ページ作画するのに向いています。
このように、一覧で見れると分かりやすいですね。
40枚

②余白作成

LINEスタンプは、ある程度(10px程度)の余白がいるので、余白を保ち、はみ出して描けないような設定にします。(レイヤーマスク)
余白は、なくても審査は通りますが、変なところで裁断されてしまうことになるので、設定しておくと安心ですね(*^-^*)

全選択します
4
選択範囲を10px狭めます
5
6

レイヤーマスクをかけます
8
こうなります(紫のとこは書けない)
11
もし紫のやつが出なかったら以下の操作をしてみてください。
10

余白を保つことができるので、規定の10pxの余白を守ることができます(^◇^)
余白

書けたら、png形式で書き出して完成です!
書出しの方法はこちらから(^^)/

save-window

作品を出力しよう

デジタル初心者の皆さまこんにちはー! 今回はクリスタでできる出力形式をご紹介します。 出力って何よ…? そう、・・・

こちらもオススメ

線幅補正

線幅を変える!線補正・修正ツール

どうもどうも~今日はひな祭りですね! ひな祭りといえば幼少期、母親に「帰ったらおいしい甘酒飲みましょうね!」 ・・・

クリスタの機能をさらっと解説☆

「デジタルで絵を描いてみたい!でも、どれが良いんだろう?」 「今もデジタルで絵を描いているけど、他のソフトの機・・・

160227tone

クリスタでラクラク!トーン削り

クリスタ初心者さんこんにちは。 チーターです。 今回は貼り付けたトーンを削る表現のご紹介を致します。 クリスタ・・・

【追記】クリスタを使うなら、最低限揃えておきたい環境(Windows/Mac)

【2017.06.15 内容を追記・更新しました。】 こんにちは! 今回は、CLIPSTUDIOを使用する時に・・・

クリスタで超☆簡単グラデトーン!

どうもこんにちは。曽田 照夫です。 今回は、CLIP STUDIO PAINTで作るグラデーショントーンの手順・・・

コメントを残す

コメント

▲ このページの先頭へ